与儀美容室

Kimono

着付け教室

着付けを習ってみたいけれど、何ヶ月もお時間が取れないという方向けに1日着付け教室を行っております。
何度か着物を着たことがあるけれど自分で着られるようになりたい、以前着付け教室に行っていたけれどしばらく着ていないので復習したい、急遽海外で着物を着ることになったけど、どうして良いか分からない、という方にオススメです。
着付け方法だけでなく、季節ごとのルールや 着物と帯の取り合わせ、立ち振る舞いも学ぶことができます。

開催時間:10〜17時(途中ランチ休憩1時間 館内にレストランがございます。各自ご自由にお召し上がりください)
対象人数:4〜5名のグループでお申し込みください
料金:32,400円/1名様(昼食代は含みません)
開催日:基本的には平日に開催しております

前田千鶴様 50代 会社経営

40の手習いでお茶を始めました。
親しくしていた染色家の方に与儀先生の着付けは特別だからとご紹介を受けて 何度着付けしていただいたでしょうか。
先生の着付けは、早い・綺麗・崩れない、そして何とも言えない気品があります。
いつか私も自分で着つけられたら、と願っていたら1日着付け教室があるということを知りました。
一日かけてゆっくりだけどきっちり教えてもらえる。
オークラで美味しいお昼を食べたら、夕方前には一人で帯まで着付けることが出 来るようになる。
襦袢の着方や、背中の処理や紐の結び方に至るまで細かいポイントがあり、なる ほどと感心するばかりでした。
コツは帰宅後すぐに、二度三度と着付けること。忙しさを言い訳に復習を忘れた 私はいろいろ忘れてしまい、
まだ心もとない。先生!ごめんなさい。
でも、また着付け教室に伺って先生の晴れやかな笑顔とお会いしたいと夢見る日々であります。

持ち物

  • ◎着物
  • ◎長じゅばん
  • ◎帯
  • ◎足袋
  • ◎裾よけ
  • ◎肌じゅばん
  • ◎腰ひも(4本)
  • ◎伊達締め(2本)
  • ◎帯枕
  • ◎帯あげ
  • ◎帯締め
  • ◎帯板
  • ◎衿芯
  • ◎浴用タオル(3~4枚)

和装ワンポイントアドバイス 日常着でなくなった和装も、着こなしのこつ所作、歩き方などで楽しむことができます。

●すそさばき

すそよけ、長じゅばん、着物とかさなっています。 ひざを開いて、すそをさばくと歩きやすくなります。 歩幅は小さめ、内股でお歩きください。

●トイレの後で

帯のたれが跳ね上がってないかどうかお確かめください。
襟元が緩んだときは、長じゅばんの背中心を、手を後ろに回して帯の下のあたりで軽く引いてください。襟元がしまります。
着丈が下がったら、腰紐の位置で調節します。

●着物、長じゅばんのたたみ方

本だたみ:一般的な着物のたたみ方。たたみ方のコツは目を正しく折り、角をきちんとあわせること。

夜着だたみ:留袖、振袖、訪問着、子供のもの、丹前などのたたみ方。
このたたみ方では特に紋付き、裾模様のきものなどに用いることがおおく、紋や模様を保護するために薄い和紙をあてて、
刺しゅうや箔がすれるのを防ぎます。

長襦袢だたみ:長襦袢のほか、和装コートや肌襦袢、羽織などもこのたたみ方を用いることがあります。
長襦袢をたたむときは、半衿をつけたままでかまいませんが、えり芯ははずします。

●着物の後始末

お脱ぎになった着物は、一昼夜風通しの良いところで湿気を取り、ホコリを払ってからおたたみ下さい。
衿や胸元にしがみついた場合は乾いた布で拭くだけにして、呉服屋や和払い専門部門のあるクリーニング屋へすぐに
お手入れにお出し下さい。
専門店へのご紹介も承っております。お気軽にご相談ください。